えみつぃん☆増刊号

2ちゃんねるのスレとか紹介したり、野球とかニュースの気になる話題についてだったり、まぁ何でもありってことで…

--/--/-- の記事 (スポンサー広告)
スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/04 の記事 (野球)
今季の順位予想-セ・リーグ編-



正直、今年の2月3月はWBCの話題ばっかだったし、キャンプやらオープン戦の報道を見てない上に見る気もなかったし、ほとんど情報ないんですが

毎年印象論だけでやっては大外しするので、今年はちょっとは数字も見てやろうと思います
いや、ホントちょっとだけ、申し訳程度に
じゃ、チーム毎に見てみます

去年と通算の個人成績を参考に、主力選手が去年と比較して今年どういう成績を残すかの予想を「-3~+3」で数値化してみます

感覚的には野手なら打点30~40が1ポイント、投手なら5勝で1ポイント
野手であればスタメンに名を連ねるであろう選手、投手であればローテーションに入ってくるであろう選手、または勝ちパターンでの継投で使われるであろう選手が対象となります
去年とほぼ変わらない成績を残すであろう選手は「0」ということで特に明記しません

また同じく新戦力あるいは新たに戦力でなるであろう選手と、抜けた戦力がチームにとってどう影響するかも「-2~+2」で数値化してみます
新しく入団した選手、退団した選手でも、去年の戦力と比較して特にチームに大きな影響を与えないであろう選手、またシーズンを通して出場回数の少ない選手は「0」ということで特に明記しません

その合計で去年に比べてどうなのかを見てみたいと思います

巨人

打撃陣

李 +1
木村 -1 
坂本 +1

総合:+1


とまぁ、こんな感じです

アルフォンゾの加入と二岡の退団は特に影響なく、木村は去年ほどの成績は残せない、坂本は去年よりは成績を上げてくる、スンも成績を上げるだろうと言うことで、去年に比べたら総合で+1ほど打撃陣は強力になるのではないかと言うことです

投手陣

越智 -1
グライシンガー -1
マイケル +2
ゴンザレス +1
クルーン -1
上原 -1

総合:-1

投手陣は去年に比べて苦労するのではないかなと思います
グライシンガーは今までの成績があまりにも良かったので、そこそこになるだろうと言うことで-1を付けました


阪神

打撃陣

新井 +1
林 +1
赤星 -1

総合:+1


新井と林は成績はともかく出場試合数が増えればそれだけでもチームの戦力アップに、赤星は多少成績が下がる、あるいは出場試合数が減るのではと言うことで-1

投手陣

ウィリアムス:-1
久保:+2

総合:+1

ウィリアムスは去年よりさらに成績を落としてくるのではないかと言うことで-1
久保の加入は補強ポイントだった1年ローテを任せられる先発の加入と言う意味でも大きいのではと考え+2
久保田の先発転向は、個人的には良く転ぶと思うものの、故障での出遅れとリリーフ陣における戦力ダウンを考慮して±0


中日

打撃陣

森野:+1
ブランコ:+1
藤井:+1
野本:+1
ウッズ:-2
ノリ:-2

総合:0


森野は出場試合数が増えると思うので+1
野本・藤井は守備力も加味してそれぞれ+1としました

投手陣

川上:-2
朝倉:+1
山井:+1
山本昌:-1

総合:-1


何気に去年はあまり成績の良くなかった先発投手陣
そのこともあって+1をつけたい選手は他にもいたものの、シーズン通せば2桁勝てそうなピッチャーでもその層の厚さによって、ローテーションからあぶれてくる選手もいるわけで
と言うことで、特にも去年の成績が悪かった朝倉と山井だけ+1としました


広島

野手陣

シーボル:+1

総合:+1


シーボルは打率はともかく打点が増えるてくるのではと言うことで+1

投手陣

前田:+1
横山:+1
高橋健:-1

総合:+1


前田は劇的に勝ち数が増えるかどうかはともかく、開幕時からローテに入ったのが大きいと考え+1
横山は成績が下がっても登板数が増えるならばということで+1


ヤクルト

野手陣

デントナ:+2
ガイエル:+1
福地:-1

総合:+2


デントナは補強ポイントだった長打の打てる、4番の打てる野手、そしてヤクルトの新外国人に外れ無しということで+2
デントナとガイエルがスタメンに入ることで控えに回ることの多くなりそうな畠山・飯原は、去年結構な成績を残しているので、成績は落ちることとなるかもしれませんがマイナスポイントとはしませんでした
むしろデントナ・ガイエルが不調、あるいは故障した時の選手層の厚さとして評価し、デントナ・ガイエルのプラス評価に加えられている形と言っていいかも
相川の加入は大きそうですが、打力という点では川本・福川に劣っているとも言えるので±0で

投手陣

由規:+2

総合:+2

今年は2桁勝つんでは?と言うことで


横浜

野手陣

相川:-1

総合:-1


ヤクルトのプラス評価にならなかった相川も、横浜の相川後の選手と比較するとこんなもんでしょう
村田・内川はそれぞれ本塁打数・打率は下げてきたとしても、打点は同じくらい稼ぐと思うので±0

投手陣

寺原:+1

総合:+1


先発復帰したら去年よりは勝つでしょう、当然ながら
ストッパーに指名された石井も去年の寺原くらいにはやれるでしょう



で、各球団の去年との戦力差を並べるとこうなります

       打撃   投手 
巨  人   +1    -1
阪  神   +1    +1
中  日   *0    -1
広  島   +1    +1
ヤクルト   +2    +2
横  浜   -1    +1

近頃は凄く細かいデータを出してるサイトもあったりするのですが、そんなんでアレコレ考えてると3日くらいかかりそうなので、ごくごく基本的なデータだけ見てみたいと思います

去年は何が悪くて負けたのか?勝ったのか?
その弱み強みは今年は改善できたのか?維持できるのか?

コレを念頭にやってみようかと



去年のチーム成績はこんな感じ


見ての通り打撃成績の打率なんて、チームの打撃力を見る上で当てにならなそうなので、得点順に並べ替えてみます

      得点 平均との差  去年  今年  打力
巨  人  631     +62   +2    +1   +3
ヤクルト  583     +14   +0.5   +2   +2,5
阪  神  578     +*9   +0.3   +1   +1.3
横  浜  552     -17   -0.5   -1   -1.5
広  島  537     -32   -1    +1   *0
中  日  535     -34   -1    *0   -1

セの平均得点は約569点です
30点を1ポイントして2008年の持ち点としておおよそ数値化してみました
で、それに今年の戦力の増減を数値化したものを加えて今年の打力とします

投手成績はそのまま防御率で(数字は失点数)

      失点 平均との差  持ち点 今年 投手力
阪  神  521     -59    +2   +1   +3
巨  人  532     -48    +1.5  -1   +0.5
中  日  556     -24    +0.6  -1   -0.4  
ヤクルト  569     -21    +0.6  +2   +2.6
広  島  594     +14    -0.5  +1   +0.5
横  浜  706     +126   -4    +1   -3   

セの平均失点は約580点です
30点を1ポイントして2008年の持ち点としておおよそ数値化してみました
で、それに今年の戦力の増減を数値化したものを加えて今年の投手力とします

2008年の成績を得失点差順に並べると以下の通りです

       得点  失点   差 平均との差  持ち点  貯金 接戦の強さ 総合力  
巨  人   631  532  +99    +189    +6.3  +2.7           +9
阪  神   578  521  +57    +147    +5   +2.3           +7.3
ヤクルト   583  569  +14    +104    +3.3  -1.3      -2    *0
中  日   535  556  -21    +*69    +2.3  +0.3      +1   +2.6
広  島   537  594  -57    +*23    +0.6  -0.1      +1   +1.5
横  浜   552  706  -154    -*64    -2   -4.6           -6.6


平均の得失点差は-24です
30点を1ポイントして2008年の持ち点として数値化してみました
さらに勝ち星の貯金数に0.1をかけたものを、数字(得失点差)に表れない強さとして数値化し、得失点差の順位と実際の順位との差を接戦の強さとしてみました

       打力 投手力  基礎力 今年の戦力
巨  人  +3    +0.5   +9      +12.5
阪  神  +1.3   +3    +7.3     +11.6
中  日  -1    -0.4   +2.6     +1.2
ヤクルト  +2.5   +2.6   *0      +5.1
広  島  *0    +0.5   +1.5     +2
横  浜  -1.5   -3    -6.6     -11.1


ということで、今年の順位予想は

1 巨人
2 阪神
3 ヤクルト
4 広島
5 中日
6 横浜


1人でも新戦力となる選手が現れたり、去年より落ちると思った選手が今年も同じくらいの成績残したり、逆に期待した選手が結果を残せない、なんなら長期離脱する故障者が出たりしたら一気にひっくり返るわけですが
去年の貯金なんかをチーム力として数値化したものの、監督が変わってるからチーム力、特にも接戦での強さなんかは変わってるとも言えるわけで

まあそもそも凄い適当な根拠のない戦力の数値化なわけですが、なるべく去年の戦力と結果を加味した上で予想してみたいと思いこうやってみたのでした

出た結果は各球団の戦力差含めそれなりに納得いくものだったような・・・?
阪神に出た数値の割に強さを感じないのは気になりますが
ペナント全体としては去年とあまり変わらない展開で進むのではないかという結果でした






★★★m9(´ゝ∀・)<うひょー★★★






スポンサーサイト
テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://emixi.blog105.fc2.com/tb.php/145-829ac23c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。